高井戸モテ男組PJ
2017.11.15

高井戸モテ男組教室9回目(スポーツボイス)

11月15日(水)、9回目の教室でした。
今回は1名お休み、10名の参加でした。


 
発表会まで残り4回のレッスンとなった今日、ウォーミングアップは30分で切り上げ、発表会の曲「聖者の行進」を30分練習しました。
 
先週に引き続き、歌を歌う時に意識をする筋肉、咽頭筋の動かし方を入念的にウォーミングアップしました。
普段話をする時には、我々は顔の筋肉や下、唇などの筋肉を使って口を動かし音を出します。
しかし、歌を歌う時には、口の中ではなく、首の中(げっぷをする辺り)で咽頭筋の形をかえながら、空気を通して音を出すと、深みのあるよい音になるそうです。
 
母音を発音する時に意識するイメージは、
基本音の「え」は、力を入れずに、自然に空気を流すイメージ。
「あ」は、咽頭筋を広げるイメージ。
「い」は、狭めるイメージ。
「お」は、頭の後頭部の後ろを広げるイメージ
「う」は、前後に声を伸ばすイメージを持ちながら発声しました。
 
発表会の練習では、大勢のお客様へ音をお届けするのに、イメージトレーニングとして、観客が歌い手のすぐ傍にいる場合、3m程度離れた場所にいる場合、会場の一番後ろにいる場合と、想定をして声を出しました。
後ろの方にいらっしゃるお客様に音をお届けするには、沢山の空気をお腹から出してボリュームを上げないと届きません。
皆さん自然と胸を張って、斜め上に顔をあげて、遠くに届くよう真剣に歌っていました。
 
回を重ねるごとに、皆さんの声のボリュームもあがり、深みのある音になっていると実感できます。
 
当日は、会場いっぱいにお客様が集まり、モテ男組の楽しい発表会になるといいなと思っています。

高井戸モテ男組Facebookページ

 

 

 

 

(レポート:葉梨)

関連記事

関連記事