日本で唯一の<持続可能な社会のための、新しい関係性の創造>を研究&実証する企業コンソーシアム

新しい価値を共に創りあげるプラットフォーム

未来の子供たちのために、事業を通じて健全・健康な社会を築きます。

SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月に「国連持続可能な開発サミット(国連本部)」において採択された人間、地球及び繁栄のための行動計画目標で、17の目標と169のターゲットからなっています。 ウェルネス・ライフサイエンス研究所はその目標を考慮し、企業コンソーシアムを形づくりとして、「地域創生」と「少子高齢化サービスの開発」を2大テーマに社会実験活動を行っています。 SDGsの目標「3.すべての人に健康と福祉を」「4.質の高い教育をみんなに」「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」「11.住み続けられるまちづくりを」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」に焦点を当て、持続可能な活動を推進していきます。

当研究所のSDGs達成に向けた取り組みは、外務省のホームページにSDGsに取り組む活動の一例として紹介されています。
外務省ホームページはこちら⇒

活動内容

「学び」「実践」「交流」をテーマに、1年を通して定期的な活動を行っています。

活動内容 一覧へ

新しい価値を共に創り上げるプラットフォーム

大量消費社会を経て、グローバリズムの奔流にさらされながら、それでも日々の事業に取り組んでいく中で、
心ある企業人なら必ず「私たちはなぜ、どこに向かって仕事をしているのだろう」と考えるのではないだろうか。

私たちはその想いを原点に、2年間試行錯誤してきた。その中で、明確に形になってきたビジョンがある。
持続可能な社会なしに、持続可能な経済発展はなく、永続発展する企業もない。
ゆえに“すべては未来の子供たちのために“を合言葉に、事業活動を通じて
「ソーシャル・ウェルネス(人と社会の健康で美しい発展)」を実現する。
そのための新しい形の企業コンソーシアムを創りたい。

この研究所は「プラットフォーム」です。
従来の枠を超えて、新しい関係性を生みだし、“企業ができること”に新しい価値を加えていく。
こんな試みに参加してみませんか?

ウェルネス・ライフサイエンス研究所はSDGsポリシーを遵守し、社会の持続可能な発展を目指します。

特長

アカデミック&リアルビジネス

質の高い「学び」をベースに、シダックスが持つ3000か所以上の「現場」と「人」を活用して研究開発を行います。

オープンリソース&アライアンス

参画企業は研究開発で得られた知見を共有し、相互に連携し、自由に新たな研究開発と事業活動を展開することができます。

サスティナビリティ

21世型持続可能な日本社会の創出を目的とします。研究テーマはこれからの日本社会の根幹に関わるものとし、より良い形でその実現化を目指します。

参加企業

WLS研究所は、社会を健全・健康に発展させる「ソーシャル・ウェルネス」を実現させること、そのための価値創造機関として、理念に賛同した企業による協同研究機関である。活動主体である参加企業を支えるために、ファシリテータを含む運営委員会、産学連携に向けての大学・大学院、あるいは自治体などを協力機関として参画の輪を広げていきます。

プレミアム会員企業

一般会員企業

研究レポート

WLS研究所は、企業活動と社会問題解決を一体のものとし、ソーシャル・ウェルネス(人と社会の健康で美しい発展)を実現させることを目的に設立されました。
「ソーシャル・マーケティング:持続可能な未来のため、社会の健全な発展を事業活動によって実現する」と「プロセス・マーケティング:IT社会の進展に対応し、生活者と企業の間での多方向情報交流によって、サービス・商品の開発から販売までが循環する構造を作り上げる」手法を提案しております。

WLS研究所レポート「2016年の展望と研究所の目指すもの」

WLS研究所は、「ソーシャル・マーケティング」「プロセス・マーケティング」の実践の場として、企業コンソーシアムを形成し、21世紀型の未来創造を可能にする企業活動のモデルを生みだす。本レポートは2015年度の活動概要と今後の展望をまとめた。

高齢者施設の複合サービス実現に向けた企業連携の取組み

施設経営者、介護スタッフ、そして被介護者と家族にとっての「三方よし」つまり、3者の笑顔の実現にむけた「スリースマイル・プロジェクト」。異業種の企業が協同し、「よりよき介護の実現」に向けたアクションリサーチである。
(出典:経営実務2016増刊号:p126-139(2016):全国共同出版株式会社)

組織

WLS研究所は、社会を健全・健康に発展させる「ソーシャル・ウェルネス」を実現させること、そのための価値創造機関として、理念に賛同したさまざまな企業による“異能種の集まる”協同研究機関である。

参加企業募集

募集中