高井戸モテ男組PJ
2017.11.8

高井戸モテ男組教室8回目(スポーツボイス)

11月8日(水)、8回目の教室でした。
今回は1名お休み、10名の参加でした。

今日も最初にウォーミングアップを行い、発表会で歌う「聖者の行進」の練習をしました。
今日はメリハリをつけた音の出し方について学びました。
歌を歌う時、我々は何気なく音を出していますが、音の高低差をつけるのには、自然に喉の筋肉の動きを変えて出しています。
高い音は喉(声帯)の筋肉を前に伸ばし、低い音は手前に伸ばす。
その筋肉の伸び縮みをしっかりとらえることで、メリハリのついた発声ができることで、素敵な音色となるそうです。
「聖者の行進」の歌唱時に、次の歌う音は上がるのか下がるのか、次の音を意識する練習として、声帯の動きに合わせて大げさに顔や体を前後に動かしながら歌いました。
体に喉の筋肉を意識的に動かすことを叩き込んだら、自然とメリハリのある音が出せるそうです。
 
発声だけでなく、音の高低差など、歌うということは奥が深く、まだまだ学ぶべきことがありそうです!
 
発表会で、かっこよく歌を披露する「モテ男11名」を見るのが今から楽しみです!

高井戸モテ男組Facebookページ

 

 

 

 

(レポート:葉梨)

関連記事

関連記事