日本文化と和PJ
2017.6.29

2017年6月打ち合わせ

前回の打ち合わせで「オリンピックに向けて“日本文化の伝承”」という大きなテーマが決定し、「渋谷」地域の活性化を趣旨としたディスカッションがスタートした渋谷PJ。今回は、活動の目指す姿を参加企業同士でイメージ合わせを行いました。

 

「日本文化の伝承」というテーマの中で、単発的なイベント開催ではなく、このイベントをやることでどんな未来が掴めるか、人々の考え方に影響を与え、社会を変えるイメージを持って、構想を練ることになりました。

また、「日本文化の伝承」は単に外国人や若者等に文化を「伝えること」にとどまらず、日本・世界へ「発信していくこと」、「日本古来の文化と海外や新しい文化をコラボレーションする」など、様々なタイプの活動を検討することになりました。

「日本文化」は多種多様ですが、話し合いの中で「もったいない精神」「着物」などのキーワードが挙がり、一つ具体的なイメージとして「渋谷の街を若者が着物で歩いている未来」というビジョンが挙がりました。

また、2020年のイベントに向けてのトライアルとして、渋谷にて毎年イベントを実施し、ブラッシュアップしていく予定です。2017年は11月に開催される渋谷総合祭でのテーマに沿ったイベントの実施予定です。

今後、さらに議論を深め、具体的な活動内容を検討していきます。

 

 

 

 

(レポート:葉梨)

関連記事

関連記事