ワークショップ
2019.4.11

2019年4月プロジェクト説明、グループミーティング

2019年411日(木)に、ワークショップがあり、参加企業12社他、総勢48名が参加しました。

 

2019年度プロジェクト説明

2019年度最初のワークショップだったため、事務局より今年度実施していく5つのプロジェクトについて概要の説明を行いました。

WLS研究所は昨年度同様に、会員企業へ研究所に対する要望をアンケートで調査を行い、興味のあるプロジェクトには参加をしていただくオープンプロジェクト制をとりました。

参加企業にとっても、参加をしている個人としても有意義な研究所となるように、会員企業皆で力を合わせて進めていきます。 

地方創生PJ

中伊豆プロジェクト(地域型)

渋谷プロジェクト(都市型)

少子高齢化対応サービス

スリースマイルプロジェクト(高齢者対象)

キッズ向けサービスPJ(子供対象)

福利厚生サービス

健康プラットフォームPJ/ECサービスPJ

 

 グループミーティング

今年度最初のグループディスカッション。

今年度のワークショップはグループの実効値をあげていくために、ディスカッションの時間を多く取り入れていく予定でいます。

今年度の活動方針について約50分、話し合いをしました。今年度も活気ある活動がすすめられるよう頑張っていきます。 

 

異能種交流会

今年度初の開催であり、担当者の変更のあった会員企業もありました。

また、シダックスの3年目総合職の研修生もグループディスカッションや異能種交流会へ参加をしました。

グループディスカッションは1時間弱の時間しかとれなかったため、異能種交流会にて、引き続き議論をしているグループも見られました。

WLS研究所の活動が、会員企業にとって互いを刺激しあえる「学びの場」となり、WLS研究所が目指す「ソーシャルウェルネス(人と社会の健康で美しい発展)」を未来につなげていくことを期待したいと思います。

今年のWLS研究所は様々な方と連携をしながらソーシャルウィルネスの実働化を目指し、進化できるよう活動していきます。

 

次回のワークショップの開催は59日(木)に開催予定です。

 

 

 

 

(レポート:葉梨)

関連記事

関連記事