高井戸モテ男組PJ
2017.6.22

高井戸モテ男組PJとは

近年、少子高齢化が進み社会問題とされています。

元気な高齢者を増やすことは、介護費用や医療費の削減に大きな貢献となるため重要視され、近年自治体や施設などで、高齢者の健康教室は開催されています。

特に、サラリーマンを退職した男性は、自由な時間が増えて好きなことができると、肯定的にとらえ、老後を楽しむ方がいる一方、今までの「職場」で築き上げてきた人間関係が失われ、生活環境が変化し、「地域」という新たなフィールドへ溶け込めないために、外出機会が減少する方も少なくないのが実態です。

 

その社会問題を解決するために、元気でいきいきして・・・「かっこいい」「もてる」高齢者をつくることを目的とした男性を対象とした「高井戸モテ男組プロジェクト」が201612月に立ちあがりました。

複数の企業が知恵を出し合い活動することで、高齢者が参加したい!と思えるような魅力的なプログラムを、参加者と一緒に作っていきたいと思っています。(参加企業さんは、第一興商、ケンコーマヨネーズ、PCフェーズ、シダックス)

 

実施期間は2017年9月6日~12月20日の3カ月、第一興商の独自開発「ボディ&ボイストレーニング」による健康づくりや、ケンコーマヨネーズの講師が教えるクッキングなど、計14回のプログラム内容を検討中です。

 

 

高井戸地域区民センターとは

シダックス大新東ヒューマンサービス㈱が杉並区より受託を受けている複合施設。

施設には地域区民センター、高齢者活動支援センター、カフェ、図書館、プール等があり、受付等、一括受託をしています。

 

 

 

 

(レポート:葉梨)

関連記事

関連記事