中伊豆PJ
2017.12.1

2017年12月打ち合わせ

地域の観光振興モデルを構築することを趣旨とした中伊豆PJ

第1グループでは、討議を重ねることで、中伊豆に訪れる観光客の動向調査の必要性を感じ、

中伊豆農山漁村復興推進協議会にITを活用した農泊プロモーションの提案を計画しています。

まず初めに、今年度は、地域観光施策検討のため、KDDIが持つ位置情報ビックデータをを用いて、観光客の動向分析の実施を検討しています。観光地としての「中伊豆」、中伊豆を訪れる「人の動き」を客観的にデータ分析し実態を把握することで、適切な農泊プロモーションにつながると考えています。

引き続き、議論を深め、具体的な実施内容を検討していきます。

 

 

 

 

 

(レポート:葉梨)

関連記事

関連記事