キッズPJ
2017.10.10

2017年10月打ち合わせ

9月に発足した、少子高齢化対応サービス キッズターゲットのこの活動。

㈱伊藤園、㈱ニチレイフーズ、シダックス㈱をコアメンバーに9月に発足しました。

キッズプロジェクトは、子供達に様々な体験活動を提供し、生きる力を養い、子供達の「シビック プライド&センス オブ プレイス」を高めることを目指します。

 

渋谷の子供たちに向けて、すでに取り組みを行っている、ソーシャルキッズアクションプロジェクトの植野さんをお招きして、取り組まれている活動に関してお話をいただきました。

ソーシャルキッズアクションプロジェクトとは、自ら考え行動できる子供を育み、社会参加を促進させることを目的に行っているプロジェクトです。

子供達が自分の住む街に出て、街の人々から取材し、街の課題を知り、解決策を話し合い、形にまとめて発表します。大人の世界の出来事に感じていたことを自分事として捉える子供達を増やす経験を作っています。

 

具体的には「KIDS MAP」小学生の楽しいと思うスポットを手書きのイラストと文章で紹介し、子供目線での地図の作成、街の課題を検討していくというものを企画しています。

他にも、地元の企業に訪問して、社員の方にインタビューすることで多様な仕事や働き方に触れ、自分の個性、強みを元に、将来の夢についてよりリアルに考える「キッズキャリアプロジェクト」など色々な夢のある企画を検討されています。

 

植野さんのお話を受けて、各企業の強みや、実施可能な内容に関してディスカッションを行いました。

次回の打ち合わせでは、ソーシャルキッズアクションプロジェクトにどのように関わっていけるのか、より詳細に打ち合わせを行う予定です。

WLS研究所は企業コンソーシアムであり、各社のアセットを有効に活用し、志は同じの団体と一緒になって、より具体的な活動に落とし込めるよう協力して行っていきたいと思います。

 

 

 

 

(レポート:葉梨)

関連記事

関連記事