スリースマイルPJ
2017.12.19

2017年12月打ち合わせ

2017年12月スリースマイルPJディスカッション

12月19日に、有料老人ホーム(横浜)の所長を、各参加企業のメンバーでお尋ねして、施設の入所者のスキンケア、見守りサービス、食べやすさ(やわらかさ)に配慮した食事について、ディスカッションしました。

 

スキンケア製品:入浴ケア・排泄ケア

花王様が前回、スキンケア商品をご提案したところ、購入したい製品があるとのことで、業務用製品の発注、納品方法について、エス・ロジックス(株)担当者から説明しました。

冬は、肌の乾燥シーズンであり、ご入居者の中には、お洋服を着替える際に、皮膚の粉が舞ってしまったり、触っただけで皮膚が破れてしまう方がいらっしゃる。従来のスキンケア製品は、べたつくが、花王のスキンケア製品は、さらっとしていて、使い心地が良いとのこと。

また、「ヘッド&ボディソープ」は、髪の毛も体も同じ泡ソープで洗えるので、入浴時間が長くなることを嫌がる方には、入浴時間の短縮になるので非常に良いと、ご好評でした。

 

見守りサービスシステム

入所者の位置情報を随時、把握できるシステムがほしいとのこと。

転倒の危険性がある人には、本来、呼び出しボタンを押すことをお願いしているが、今までご自身でできたからという思いから、転倒予防の危険性がある人も、一人で歩行することがあり、転倒の危険性を避けるために、そのようなリスクを持った人が動いたことを、介護スタッフが察知できるシステムを開発してほしいとのお話だった。

今後、NTTPCコミュニケーションズの貴重な解決課題を頂戴した。

 

「献立さん®」シリーズ

すでに、この有料老人ホームの調理に、味の素(株)の「献立さん®」シリーズを使っている。

副所長からは、ほとんどの鶏肉料理はやわらかいが、牛肉料理でかたく感じるものがあり、豚肉料理も、ときどきかたく感じるものがあるとのこと。

今後、「献立さん®」シリーズの使用量や使い方を確認し、適宜、味の素様にアドバイスを頂くことで、改善に努めたい。

「献立さん®」シリーズ商品説明はこちら

 

 

 

 

(レポート:品川)

関連記事

関連記事